無料メール相談

予約

顎骨の少ない方のインプラント

サイナスリフト

顎の骨が少ない方にも行える治療法
サイナスリフト(上顎洞底拳上術)


顎の奥歯に相当する場所にインプラントを植立する場合、よく骨の高さが不足し、数ミリしか骨が無い場合が多くあります。 そのような顎の骨を人工的に補う方法を、サイナスリフト法といいます。

治療例

上顎の歯槽骨の上には上顎洞(サイナス)という大きな空洞があります。
歯を失うと歯槽骨が吸収されてしまい、同時にこの空洞が拡大します。
そのため歯槽骨の高さ(厚さ)が不足し、インプラントの手術時に必要な骨の厚みが得られないケースがあります。

このようなケースでは、上顎洞の膜全体を押し上げ骨補填材を用いて骨を作り、インプラントを埋入します。 これがサイナスリフト(上顎洞底挙上術)です。

治療の流れ(症例集)

症例1

CT診断 CT診断 CT診断 CT診断
術前 術後 術後CT画像

症例2

CT診断 CT診断
術前 術前CT画像
CT診断
CT診断 CT診断
術後 術後CT画像
CT診断
補綴後

症例3

CT診断 CT診断 CT診断
術前 インプラント埋入後

スプリットコントロール

インプラントを埋入するのに骨の幅が無い時に、骨を押し広げて、インプラントを埋入する方法です。 骨ノミとマレットを使用した従来法のように、骨に必要以上のダメージを与えません。

高精度のスクリュー形状を有したスプリットコントロールは、無理と無駄のない骨のスプレッティング(圧し拡げ)と、コンデンシング(圧縮)をします。