無料メール相談

予約

当院のインプラント手術

安心のリラックス外来でインプラント

インプラントは外科手術です。

どなたでも外科手術には恐怖心を少なからずお持ちになると思います。しかし、当院ではそういった要望に応え、インプラント手術はすべてリラックス外来にて行います。
リラックス外来とは、鎮静麻酔をしながら、リラックスした状態で治療を行う方法です。

インプラント治療はどの歯科医院でも行っていますが、リラックス外来を併用してインプラントができるところは全国ほとんどありません。

インプラントが怖いと思われる方は是非ご相談ください。

さまざまなインプラント手術

現在インプラント技術は日進月歩です。

今までできなかったインプラント治療もどんどんできるようになってきました。
例えば、上顎の奥歯の骨のない場合、以前では治療は困難でしたが、現在では上顎洞底挙上術によりインプラントが可能になりました。 骨幅のないところには骨移植をしてからインプラントを埋入していたのですが、骨幅を広げながら埋入できるスプリットコントロール法というものもあります。

骨の高さのないところにも以前はできなかったのですが、人工骨の利用により、GBR(骨増成術)が可能になりました。 また抜歯したところにインプラントするには抜歯して3~6ヶ月待ってからインプラントを埋入していましたが、抜歯してその当日にインプラントを埋入する抜歯即時埋入も可能になりました。

さまざまなインプラント手術がありますので、御自分にあった最善の治療法を持った歯科医院での処置をおすすめします。

インプラント治療に際して注意が必要な方

場合によってはインプラント治療が制限されたり、他の治療を優先させなくてはならないことがあります。

顎の骨の量が少ない方

インプラント治療は、歯茎の下の顎の骨に直接インプラント体を埋め込む手術を行います。
そのため、顎の骨の量が少ない方は、骨移植などの処置を併用しなければならない場合があります。

妊娠中の方

術後の投薬や、レントゲン撮影を避けたい場合には、出産後の落ち着いた時期にインプラント治療をした方がよいでしょう。

全身疾患のある方

出血を伴う処置もありますので、糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は、良好な状態にコントロールされていることが条件になります。その他、全身的なご病気がある場合には、かかりつけの医師と相談の上、インプラント治療を考える必要があります。

また、骨粗鬆症のお薬を飲まれている方は、休薬しないと手術ができません。飲まれている方は担当医にご相談ください。

他の歯に大きな虫歯や根の病気のある方、歯周病

  • がたがたして硬いものが噛めない
  • 食事の際、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む
  • 歯茎がやせてきたので、入れ歯を作り直さないといけない

当院のインプラント手術

Step1 切開

歯肉を切開し骨にドリルします。

Step2 埋入

インプラントを埋入し、歯肉を縫合します。

Step3 癒合

インプラントが骨と癒合するのを待ちます。

Step4 装着

アバットメント(土台)を装着します。

Step5 セラミック冠

セラミック冠の装着前

Step6 装着

セラミック冠の装着後(終了時)